究極の
パンツ

1951年、ベネツィア。パンツをワードローブのキーアイテムに変貌させることになるブランドが誕生しました。Incotexは、伝統的なテーラーメード技術と斬新かつアヴァンギャルドな加工処理のかつてにない掛け合わせから、スマートカジュアルの先駆けとなりました。

最大の特徴ははきやすさ、コーディネートの幅広さ、またスキン・スリム・レギュラーの全バージョンで素材の選択に工夫し、それぞれ快適なはき心地を実現させています。

当ブランドで採用されている高級生地は、綿、ウール、麻といった高貴な繊維による織物で、継続的に改良が重ねられる技術または実験的技術により処理・加工・ウォッシュド加工・染めが行われます。

INCOTEXのスタイルは、4つの基本コンセプトを柱としています

1951

Incotexで最も愛用者が多い、デニムを基調にデティールにテーラーメード級の高級仕立てを施したスマートカジュアルの始祖的シリーズ。例えばブルーループのように、何か目新しいことを敏感に察知する現代的な男性のワードローブに欠かせないアイテム。

フィット感バリエーション: スリム、スキン、レギュラー

アーカイブ

アーカイブシリーズのパンツは、本物を見分けられるファッション通のためのちょっとしたこだわりの工夫を凝らした逸品です。Incotexの過去の作品に独自の最高品質生地を使い現代的なアレンジを加えました。

フィット感バリエーション: スリム、スキン

スラックス

アーミーとワーカー調をミックスしたアーバンカジュアルに、仕立てと加工は高水準の実験的なディテールを採用。生地にウォッシュド加工と染めの後加圧しかつてにない効果を実現。独創的プリントや高級カバーがこのアイテムの主な特色になっています。

フィット感バリエーション: スリム、レギュラー

5ポケット

デニムと高貴な織物のカットをコーディネートした、オーソドックスなスマートカジュアル。使用素材は、デニムからファスチャン織、コットンストレッチからマイクロ構造まで幅広いバリエーションにてご用意。

フィット感バリエーション: レギュラー、スリム、スキン